FAQs

国内の抽出プラントでは、100 ~ 500 Liter抽出槽を複数基使用するのが一般的ですが、世界では、少しデータは古いですが、右図のようにかなり大きな処理容器、図中最大は6,500Literが製作されています。Q7で紹介しました2015年にフランスで稼働したワイン用コルク栓からの除去プラントは、19,000Liter抽出槽が3系列、13MPaで建設されました。大きな処理容器は、輸送限界、 設置国適用法規、特に日本の高圧ガス保安法はかなり厳しいですので、色々と制約があります。
処理容器の容量により、供給されるCO₂流量は異なりますが、昇圧時間、処理目的に応じた流速他で右図に示しますように、抽出槽容量に対して数倍から30倍程度迄幅広く分布しています。

TOP