製品一覧 products

超臨界CO₂抽出ラボスケール試験機 炭酸ガスを利用した様々な試作試験が可能!!

超臨界CO₂(31.1℃、7.4MPa)は有機溶媒の代替として利用でき、環境に優しい技術として注目されています。本装置は洗浄・抽出・染色・乾燥・反応等、水を使わないプロセスの試験が可能です。

特 徴

  • 超臨界CO₂抽出ラボスケール試験機は、超臨界の炭酸ガスを使用した各種試験を行うことができます。
  • ラボスケール試験機には反応容器にラバーヒーターが装備されて、温度制御されます。
  • 炭酸ガス送液ポンプは、流量を自由に設定することができます。
  • 溶媒を注入するためのエントレーナポンプが標準で装備されています。
  • 反応容器は簡単に分解できる構造となっているので、試料の装填・取り出し・分解洗浄が容易に行えます。
  • 本装置に使用している主要機器は独立のユニットとなっており、メンテナンス、仕様変更の際には容易に交換することができます
  • 高圧ガス保安法に対応しています。
  • オプションとして、高圧容器に撹拌機を付けることが可能です

超臨界CO₂抽出ラボスケール試験機

抽出器設計圧力29.9Mpa
抽出器常用圧力 27.5Mpa
抽出器設計温度99℃
抽出器常用温度 80℃
抽出器容量400cc 内径φ55mm
分離器設計圧力0.49Mpa
分離器容量3500㎖
CO₂供給機器0.1~80㏄/min 29.9Mpa
チラーユニット空冷式 450W(10℃)
エントレーナーポンプ100ml/min (max)
電源単相200V 30A (本体)
単相100V 8A (チラーユニット)
寸法1200W×600D×1650H
重量約150kg

試験機の概略フロー図

超臨界CO₂装置シリーズ ラインナップ

TOP