FAQs

炭酸ガスCO₂を使用しますので、使用場所の換気をお願いします。身の回りの大気中には、CO₂が400ppm程度含まれていますが、日本産業衛生学会ではCO₂の許容濃度を5,000ppmと決めています。
ドライアイスが洗浄対象物に当たると静電気が発生しますので、半導体回路などを洗浄する場合は、気を付ける必要があります。
本装置では、キャリアーガスを加熱していますが、洗浄時に洗浄対象物がドライアイスで冷却されて、結露、ウォーターマークを生じる場合があります。このような場合は、キャリアーガスとして、ドライエアーやドライ窒素ガスを用いる と共に、これらで雰囲気をパージする場合があります。

TOP