FAQs

グラフェンとは、黒鉛の1層だけを取り出したもの事で、1原子の厚さのsp²結合炭素原子のシート状物質で、炭素原子とその結合からできた蜂の巣のような六角形格子構造をとっており、2010年ノーベル賞を受賞した材料です。熱伝導性、導電性に優れ、伸長、折り曲げできる強靭な材料なので、近未来の新素材して注目されています。 しかしながら、合成のためには、かなりの手間とコストが必要です。

一方、iGurafen®の原料は、人造黒鉛に比べて低コストの天然黒鉛を使用した多層グラフェンです。 このため、量産プロセスが容易で、低コスト化が可能になり、且つ、天然黒鉛に独自開発の新技術で加工を施し、高いパフォーマンスを引出す事に成功しました。
iGurafen®は、 格子欠陥が少なく、高結晶性の材料で、添加剤や導電助剤として用いることにより、飛躍的なパフォーマンスを引出すことが期待できる新材料です

TOP