超臨界CO2反応試験機

炭酸ガス
を利用した
様々な
試作試験
が可能!!

超臨界CO2(31.1℃、7.4MPa)は有機溶媒の代替として利用でき、環境に優しい技術として注目されています。本装置は洗浄・抽出・染色・乾燥・反応等、水を使わないプロセスの試験が可能です。

マルチユースCO2抽出試験機 (COO太郎)


 

 

抽出器設計圧力 30MPa
抽出器設計温度 120℃
抽出器容量 160cc
内径φ32mm
分離器設計圧力 7MPa
分離器容量 100cc
CO2供給機器 0.1-60cc/min
30MPa
チラーユニット 空冷式
450W(10℃)
エントレーナーポンプ 9.99cc/min (max)
電源 AC100V 15A
寸法 1730W X 600D X 1600H
重量 約100kg

CO2ラボスケール試験機





抽出器設計圧力 30MPa
抽出器設計温度 75℃
抽出器容量 400cc
内径φ55mm
分離器設計圧力 6MPa
分離器容量 210cc
CO2供給機器 0.1-80cc/min
30MPa
チラーユニット 空冷式
450W(10℃)
エントレーナーポンプ(オプション) 9.99cc/min (max)
電源 AC100V 21A
寸法 900W X 600D X 1200H
重量 約100kg

特 徴

  • 超臨界CO2反応試験機は、超臨界の炭酸ガスを使用した各種試験を行うことができます。
  • 電源は単相100Vを採用していますので、200V電源を準備する必要がありません。
  • ラボスケール試験機には反応容器にラバーヒーターが装備されて、温度制御されます。COO太郎は加熱炉による熱風循環式です。
  • 反応容器には攪拌機(COO太郎はインペラー式、ラボスケール試験機はマグネティックスターラー式)が取りつけられております。
  • 炭酸ガス送液ポンプは、流量を自由に設定することができます。
  • COO太郎には、溶媒を注入するためのエントレーナポンプが標準で装備されています。ラボスケール試験機ではオプションとなります。
  • 反応容器は簡単に分解できる構造となっているので、試料の装填・取り出し・分解洗浄が容易に行えます。
  • 本装置に使用している主要機器は独立のユニットとなっており、メンテナンス、仕様変更の際には容易に交換することができます
  • 制御盤にはデータロガーが装備されており、各部の温度がデータとしてモニターされます。同時に納入されるソフトウエアをパソコンにインストールすることによりパソコンにデータが収集されます(汎用パソコンは供給範囲外)。
  • 高圧ガス保安法に対応しています。
  • オプションとして、炭酸ガスを循環使用する仕様にすることで、炭酸ガスの消費量を削減できます。

 

フロー(COO太郎、循環タイプ)

加熱手段

加熱炉
(COO太郎)

熱風循環式

100V 900W max120℃

加熱炉攪拌機
(COO太郎)

回転数:~300rpm

使用圧力:30MPa

ラバーヒーター
(ラボスケール試験機)
250W max150℃

 

装置のお試しについてはこちら >