超臨界水ナノ粒子合成試験機
(MOMI超mega)

量 産 機

金属塩水溶液を高温水と混合することにより、溶液温度を急激に上昇させます。
加熱時の加水分解(1)と脱水反応(2)により微粒子を合成する事が出来ます。
また、粒子をスラリーとして投入することにより、その表面に有機基を統合させる事が出来ます。
従来法では製造困難なナノ粒子の連続かつ急速な合成を可能にする装置です。

 

特 徴

  • 有機修飾ナノ粒子合成が可能
  • 凝集のない結晶化度の高いナノ粒子の合成が可能
  • 連続かつ高速な合成が可能
  • 粉砕する必要がない
  • 投入・回収を含め全自動運転可能
  • スラリー状溶液や、高粘度溶液の安定供給が可能
  • 熱交換器による省エネルギー化の実施
  • タッチパネルによる操作・データ表示

 

吐出圧力 常用30MPa
温 度 max 450℃
水送液量 10ℓ/hr
外形寸法 W3,050×D1,080×H1,800
チラー寸法 W600×D750×H1,400

 

適 用 例

  • 有機・無機ハイブリッドナノ粒子
    酸化セリウム(CeO2)
    リン酸鉄リチウム(LiFePO4)
    マンガン酸リチウム(LiMn2O4)
    チタン酸バリウム(BaTiO3)
    バリウムフェライト(BaO6Fe2O3)
  • 既成微粒子への有機修飾
    酸化アルミ(Al2O3)
    窒化ホウ素(BN)
  • その他種々金属(酸化物)ナノ粒子

超臨界水ナノ粒子合成試験機フロー

特許番号

3663408

5409038

5500535

5538100

5559971