超臨界水ナノ粒子合成試験機
(MOMI超mini II)

2段階加熱
で自動運転
が可能!!

従来のMOMI超miniに様々な機能を追加、改良することによって、さらに快適で、新たなラボ試験機の開発をおこないました。原料の予備加熱や、2段階加熱が可能となることにより、多くの反応条件の試験が可能となっております。

特 徴

  • ダブルシリンダ式連続スラリー投入装置を標準装備
  • スラリー状溶液や、高粘度溶液の安定供給が可能
  • 加熱炉部分を2区画もうけ、反応温度を2段階に設定可能
  • 投入から製品回収までの流れが流下式
  • ダブルシリンダ式連続回収装置を標準装備
  • タッチパネルを採用することにより操作性が向上

 

吐出圧力 常用30MPa
温 度 max 400℃2ゾーン式
水送液量 600cc/hr
外形寸法 W1,760×D 750×H1,800
電 源 単相AC2

 

適 用 例

  • 有機・無機ハイブリッドナノ粒子の創製
  • 原料の予備加熱後の粒子創製
  • 既存微粒子への有機修飾
  • 2段階加熱による粒子合成

画 像 集

 

※上記写真は試作装置のため、実際の装置とは形状、色などが異なります。