超臨界抽出パイロット装置

炭酸ガス
を利用した
様々な
試作試験
が可能!!

二酸化炭素は、32℃、72 気圧以上で超臨界状態となります。この超臨界 CO2 は液体でも気体でもありませんが、気体の高い拡散性と液体の高い溶解性の特徴を持ち、その特性は温度と圧力の制御により自由にコントロール可能なため、食品、生薬等における成分の抽出や除去の分野で広く使われております。本設備は、パイロット装置として用いることの可能なスケールとなっております。

超臨界抽出パイロット装置

仕様

     圧力 温度 内容積 CO2循環量
抽出器 50MPa 80℃ 30L 200 kg/H
分離器 6.5MPa 80℃   MAX